ノニの品質に差があることをご存知ですか? (1)

公開日: 1:00 お知らせ コラム 有機ノニまるごと搾り

ノニの利用の起源は6,000~60,000年前か?

6,000年前中国南からの民族移動

ノニの起源は、H.N.Ridleyによるとインドネシアのモルツカ諸島(現在のマルク諸島)です。
しかし、実際のノニの使用の歴史は非常に古く、約6,000年前に現インドネシア人が中国南部より移動してから現在にいたるノニが伝承医薬品の一つになったのです。
しかし、どのような理由で民族移動があったのか不明ですが、地球は氷河期が終わり海は暖かく、簡単なボートでも容易に移動できたものと思われます。

60,000年前アフリカからの民族移動

一方、現インドネシア人よりもっと古い60,000年前にインドネシアに来た人種がいます。現在インドネシアの最も東、世界で2番目に大きな島パプア島に住む先住民です。

約10万年前にアフリカ東から出発し、インド洋沿いを東へ東へ移動し、氷河期で海面は低くて島から島への移動は非常に簡単で6万年前にパプア島にたどり着き、一部の集団は現在のオーストラリアにまで移動しています。

パプア先住民の風貌はまさにアフリカ人と似て皮膚のメラニンは多くて濃い褐色の肌、髪は天然のちじれ毛。パプア先住民が通った地域がノニ原産地のマルク諸島。
マルク諸島もパプア島およびその周辺地域は、色の黒い人種が住むため「メラネシア」と呼ばれています。

恐らく、パプア原住民はマルク諸島(メラネシア)でノニに遭遇し医薬品として利用したのではないでしょうか。パプア先住民もノニ果実を利用する習慣があります。

ノニ起源の近くの島ではノニのことを「Nony」そして「Pace」とも呼びますが、「Pace」とはお父さんの意味です。

結論として、
  1. ノニは少なくとも6万年前にパプア先住民やメラネシア人によって発見された
  2. 現インドネシア人もノニを利用し、後に伝承医薬品として体系化した
  3. ポリネシアやミクロネシアのノニは、インドネシア起源でせいぜい1,500年の歴史しかない
  4. 沖縄にもノニが植生するが、有史以来ノニを健康食品として利用することはなかった
  5. 沖縄のノニは、ノニブームによって15年前に初めて利用された、のです。



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿