百寿を越えて

公開日: 0:00 お知らせ

今年度の高齢者数が発表になりました。
100歳以上の方は6万人を超え、今年100歳になる方となる予定の方の人数は3万人。
1915年(大正5年)以前に誕生された方々です。
このうち、女性の比率は87%と圧倒的に女性が多いのが特徴です。
最高齢者は、女性の115歳、男性は名古屋氏の小出さんの112歳(ギネス登録)です。

1915年というと、第一次世界大戦中であり、彼の有名なスペイン風邪が世界中で大流行し、日本でも数10万人の方が犠牲になりました。
現在に比べ生活状況は悪いものでしたが、いわゆる新鮮食品は豊富で現在に比べ良好だったのではないでしょうか。
このことは、大東亜戦争前もおなじで、戦後は食糧難に会い波乱万丈の時代だったと思います。

人口10万人当たり約50人が100歳以上の高齢者。

100歳以上まで生き続けられる秘訣を知りたいものですが、衛生状態がよくなったこと、医療の進歩によって結核などの感染症や急性疾患に脂肪が減少したこと、そして加工食料品を比較的食べず、食糧難の経験や新鮮食品を食べていたことが要因ではないかと思います。

女性の方が圧倒的に長寿ですが、動物実験では実はオスのほうがメスより長生きするのです。
どうして、人間の場合女性が長寿になるのか興味があります。
ひとつの理由として、女性は食生活にしても決めたことを守り続ける、からではないかと思います。

ノニジュースの愛飲者のほとんどは女性です。
男性も飲用するでしょうが、続けて飲むことができないようです。

米寿堂は、米寿を越え百寿まで健康長寿をめざして高品質の栄養機能性食品、そのほとんどを熱帯国インドネシアの薬用植物由来健康食品を通して、いささかでもお役に立てるように精進します。

店主


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿