ノニジュースは大腸がんの発生を抑制する

公開日: 16:32 WHO 大腸がん 有機ノニまるごと搾り

食品と健康・ 病気に関して、本日の大きなニュースがありました。

世界保健機構の専門機関が、
「ハム・ソーセージなどの加工食品は発がん性食品、哺乳類の肉も恐らく発がん性食品である」と
発表したことです。

この論文は、「Carcinogenicity of consumption of red and processed meat」、10月26日the Lancetに発表されました。


WHOの下部機関のIARC (International Agency for Research on Cancer)によると、ハム・ソーセージ・ベーコンなどの加工肉は、結腸・直腸のがんを確実に起こす食品である、と断定しています。


また哺乳類の赤身肉も、ほぼ確実に結腸・直腸がんを誘発させる発がん食品としている。
赤身肉の摂取は、すい臓がんや前立腺がんの原因であることも分かっている。
肉の加工食品も赤身肉も高温で処理や料理された時に生じる発がん性物質によるものです。
加工肉は、胃がんを誘発することも報告されています。

もっとも、1日50g以上の肉製品を食べた時にこのような発がんのリスクが上昇するのです。

日本でも結腸がん・直腸がんは増加傾向にあり、欧米型の肉を主体とする食事が原因であると考えられます。

加工した肉を食べない野性動物は、大腸がんとは無縁でしょう

いずれにしても、高温加工処理した現代的な食事は、発がん性ありと考えるべきであり、ほどほどに食べることが重要であるということ。



Carcinoma: rectum

Photos are from  Curran & Jones: GROSS PATHOLOGY


ノニジュースは、大腸細胞のDNAの傷害を防ぐ作用があり、肉食系の人には大腸がん予防のためにもお奨めの健康果汁と言えます。
 
http://www.beigedo.jp/products/list.php?category_id=2


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿