ノニジュースと股関節痛

公開日: 0:00 お知らせ

秋晴れの日が続いていますが、信州は寒くなってきています。
夜は小さな電気ストーブを点けることも多くなってきました。

知り合いの女性は幼い時に股関節脱臼をし、それでも中学、高校では陸上、新体操の選出として活躍したほどです。
妊娠した折に体型が変化しますが、股関節痛を覚えるようになったとの事。
しかし子育てをしながら、新体操から派生した経絡やストレッチを重視した新しい体操を作り上げ、地域の子供さんから年配の方の健康や体力の維持・増進に努めています。

5?6年前より股関節の異常を覚えるようになり、股関節置換手術を進められるようになりましたが、ジムに通い股関節周囲の筋肉を付けることで体操の指導者として活躍していました。

有酸素運動を助けるノニジュースは、以前にもまして定期的に飲用するようになってきたようです。
実際、血液はさらさらとなり筋肉内の細い血管の血液はよく流れ、栄養素の供給と老廃物を流れ落とし、筋肉を強くする効果がノニジュースにはあります。

整形外科の先生が言うには、体操をやっていたので股関節がここまでもっているのです。
普通の人なら、とっくに手術の対象でしょう、と。

2年前に襲った歴史的な大雪の際、連日雪かきをしました。
スコップを使っての雪かきであり、大変な重労働です。
これが引き金になり、今までもっていた股関節にゆがみが出て激しい、引き続く痛みがでてきました。

X線写真やMRI象を見せて頂きましたが、片側の大腿骨と寛骨はズレています。強靭な筋肉がどうにか、ズレを最小限に抑えています。
ブアメラを数年前から飲んでいたこともあり、骨密度は若い人と同じ位。

しかし、痛みはあります。
ノニジュースを飲んでも、急性の痛みでないため大きな効果はありません。
多分、股関節の手術をされ痛みから解放され、QOLを高めることを選ぶことになるでしょう。

ノニジュースは万病に効くと期待されるかたもおられるでしょうが、出来上がった病気、物理的な変化に由来する痛みなどの様々な症状には、大きな期待を持つことはできません。
どんな薬も治すことはできません。

出来上がった病気とは、動脈硬化やこれに伴う高血圧、透析が必要な腎臓の病気、肝硬変、心臓や脳の梗塞疾患などなど、加齢に伴う自然な病気が含まれます。

病気になるのを予防、未病対策、生活習慣病など慢性疾患になるリスクを抑えるのがノニジュースです。
毎日、添加物や加工をしない食品を摂り、運動、仕事をしながら、熱帯薬用果実ノニジュースを毎日の生活に加えることでしょう。


http://www.beigedo.jp/products/list.php?category_id=2







店主


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿