福島の放射性物質被曝の被災者に:ノニジュースを飲んで防御を

公開日: 16:53 DNA傷害、予防 インドネシア 放射能 有機ノニまるごと搾り

ノニジュースは放射線被曝によるDNA傷害を防御
(東京ノニ研究所より、
http://www.noni-ken.jp/micronucleous.htm)

2011年3月11日の福島第一原発事故による放射能汚染問題は、いまだ解決せず、甲状腺がんの発生率が増加しているとの報告もあります。
原子炉爆発に伴って大量の放射性ヨード物質が拡散し、汚染放射性物質が体内に吸収され、ヨードは甲状腺に濃縮されるため、甲状腺が放射線傷害を受けたと推測されます。
放射性ヨードはベータ線を放出し、甲状腺の腺細胞の核内のDNAが放射線によって変化を受け、異常な細胞が出現してしまうのです。
異常な細胞の内、細胞が死滅してしまえば良いのですが、時に無制限に増殖する細胞ができてしまい、甲状腺がんとなります。
X線、アルファー線、ベータ線やガンマ線のいずれも、細胞核に放射されるとがんの発生を誘起するのです。

ノニジュースに含まれる特異な食物線維ペクチンは、大量に放散され体内に蓄積されたセシウム137と結合して、体内被曝を軽減します。
ノニジュースのペクチンの作用については、既に報告していますので、次を参考にして下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ノニジュースによる放射線被曝に対する防御効果の研究報告をご紹介します。
フィリピン大学生物学教室の学生による研究です。
放射線曝露マウス骨髄細胞におけるノニ汁伊勢の放射線防御効果

The Radioprotective Effects of Noni (Morinda citrifolia L.)Juice on the bone marrow of Irradiated Mus musculus L.
Ryan Albert Leonard N. Boquiren
Alvin E. Te Tan

Faculty of Biology
University of the Philippines
(INIS-006, March p59 2000)
試験概要

この実験では、小核試験と呼ばれる物質の遺伝毒性や細胞変異ならびにガン原性を調べる試験系で、ガンマ線照射によって起きる骨髄の赤芽球細胞の変化を指標にノニジュースの効果を検討したものです。

4濃度のノニジュースをICRマウスに15日間経口投与(2.34mL/マウス)し、1日後にガンマ線を照射(6グレイ)し、その1日後に骨髄を摘出し、多染性赤血球1000個中に見られる小核を持った多染性赤血球の数を比較することによって、ノニジュースの防御効果を評価している。
核に傷害があると赤芽球は正常に分裂できず、小核をもった細胞になってしまう。


(林真著、小核試験、サイエンティスト社)
多染性赤血球の小核はギムザ染色(左図)で青紫色に染色され、アクリジン・オレンジ蛍光染色(右図)で黄緑色の蛍光を発する。
DNAの傷害による小核をもつ多染性赤血球の増加は、強いDNA傷害を示す。
結果

下図に示すように、ガンマ線照射(Positive Control、ノニジュースは与えない)群の小核をもった多染性赤血球(PCEs)は平均45.2個であったが、ノニジュースの25%、50%、75%希釈液、そして100%(希釈しない)群では、それぞれ21.2、17.6、11.2、7個と減少し、ノニジュースの放射線照射に対する防御作用が認められた。

ただし、統計上ノニジュースの効果は、75%と100%の高濃度の場合だけに認められている。


(論文より)
考察

この実験から、放射線傷害に対してノニジュースは防御作用があることが判明した。
小核試験は、細胞変異・がん発生・遺伝毒性物質を検出する国際的な標準方法であり評価できる試験方法です。

試験に用いられたICR系マウスは、日本政府がフィリピン保健省の医薬品検定プロジェクトを通じて支援して提供したものです。
西垣は、このプロジェクトで医薬品・食品・化粧品の安全性や薬効評価に関わっており、本試験で供与動物が研究に使用されていることを嬉しく感じています。

本試験に用いられたノニジュースは、20%しかノニ成分が含まれていない製品であり、純粋なノニジュースを試験に用いなかったことを残念に思う。

もし、インドネシア産の純粋な100%ノニジュースをマウスに与えておれば、25%希釈ノニジュース群から統計的に有意な、そしてよりはっきりした放射線に対する防御作用が確認されたものと信じる。
推奨


福島原発事故の被爆地では、除染作業が進んでいるといわれるものの、完全に放射性物質から自由になることは困難である。

農作物、魚介類、自然林を介した生態系の放射性物質の曝露の長期にわたる可能性がある。


小核試験成績やノニペクチンのセシウム体内からの除去作用を考えると、
被災地住民だけでなく、福島第一原発処理に従事する方には、
ノニジュースを放射能傷害を予防および重篤疾患から防御する一手段として
飲用して頂きたい。



インドネシア原生のノニ果実



http://www.beigedo.jp/products/list.php?category_id=2


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿