EVCOと合成オイル

公開日: 0:00 お知らせ

某大手食用油製造販売会社がバージン・ココナッツ・オイルを販売を始め、びっくりしています。

というのも、この会社は遺伝子組換えなたね油を販売しています。
日本国は、遺伝子組換え食品に対しては健康被害があるため基本的に許可していません。
それどころか、有機JAS食品を推奨しています。

また、中鎖脂肪酸を組み込んだ合成食用油をも製造販売しているのです。
天然に無尽蔵にあるココナッツを使用しないで、合成しているのです。
ダイエットをうたい文句にしていますが、合成する必要はないと、当初から思っていました。
この中鎖脂肪酸入り合成オイルは、低温でも固まりません。
天然物とは全く違います。
この合成オイルの使用歴は、まだ10年位ですので現在人体実験中ということになります。
同様に合成オイルが発がん性のために販売中止になったことをご記憶にあるでしょう。

結局、この会社も天然物、無加工の中鎖脂肪酸が豊富で、トランス脂肪酸がゼロの健康オイルを志向する消費者の要求に応えることになったようです。

EVCOは、インドネシアの熱帯薬用植物を科学する(株)M&Kの長年のインドネシア政府との共同研究から「21世紀の油革命」を目指して出来上がったものです。

10月末までキャンペーン中です。
この機会にどうぞお試しください。

http://www.beigedo.jp/products/list.php?category_id=7

店主


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿