ベータ・クリプトキサンチンと子宮頚部がん

公開日: 13:17 アルファ・クリプトキサンチン ブアメラ500VE ベータ・クリプトキサンチン 栄養機能食品 子宮頚部がん 予防医学 臨床研究


子宮頚部がんの血中ベータ・クリプトキサンチン濃度は低い 


子宮頚部がん(Cervical Atypical Squamous Cell Carcinoma) のワクチン摂取が始まり、ワクチンのよる副作用に悩む若い多くの女性を生み出したのが、日本の厚生行政。

子宮頚部がんは、子宮頚部非定型性扁平上皮がん(ASCUS)と呼ばれます。
昔は粘膜内腫瘍といわれ、がんなのか炎症性変化なのか区別ができない病変です。

ハワイで行われた臨床疫学試験の成績をお示ししましょう。

ASCUS患者185名の血中微量栄養素レベルとASCUSの程度を正常な女性191名と比較しました。

その結果、総(アルファとベータ)クリプトキサンチンとビタミンEの血中濃度の高い女性は、扁平上皮がん発生リスクを抑えることが分かったのです。
ブアメラにもアルファ・クリプトキサンチンが豊富に含まれていますが、栄養学的な意義が知られていませんでした。
しかし、アルファ・クリプトキサンチンも予防医学的に重要な栄養素であることが推測できます。

この論文は、Asian Pac. J Cancer Prev. 2000:1(4):337-345に掲載されています。

ベータ・クリプトキサンチン画豊富で、ビタミンEを強化したブアメラ500VEは、子宮頚部がんの発症に予防効果が期待できる栄養機能食品です。

毎日、ブアメラ500VEを飲んで頂くことを推奨いたします。









  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿