肺がんの原因はベータ・クリプトキサンチンの摂取不足

公開日: 21:00 お知らせ ブアメラ500VE ベータ・クリプトキサンチン

肺がんの原因はベータ・クリプトキサンチンの摂取不足


日本の医師や栄養学者の間でも、ほとんど知られていないビタミン、ベータ・クリプトキサンチン。

ベータ・クリプトキサンチンの不足が肺がん、大腸がん、子宮頚部がんの原因の一つであることは、世界中の多くの臨床試験成績が明かにしています。

喫煙は肺がんの原因の一つですが、よく調べてみると血液中のベータ・クリプトキサンチンが少ない人は、肺がんになり易い。

喫煙によって起きる肺がんは、肺がんの内の30%。
残り70%は、喫煙とは関係ありません。

緑黄色野菜や果実に含まれる微量の栄養素、ベータ・クリプトキサンチンの摂取不足がほとんどの肺がんなどの、原因です。

子宮頚がんも同じことが言えます。
胃がん、食道がん、大腸がんも、ベータ・クリプトキサンチンを含む食品で予防できるでしょう。




店主

▼「ブアメラカプセル」はこちらからお求めいただけます。
ブアメラ500VE


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿