肺がんの原因は禁煙だ:養老孟司氏

公開日: 17:28 パプア ブアメラ ブアメラ500VE ベータ・クリプトキサンチン 喫煙 肺がん

肺がんの原因は禁煙だ:養老孟司氏


「馬鹿の壁」で有名な東大医学部の解剖学元教授、養老先生はユニ-クだ。
多くの人を解剖したが、禁煙者も喫煙者も肺は黒い。

ご自身は愛煙家。
肺がんなど気にしていません。






喫煙率は下がっているのに、肺がん患者は増えていることも指摘しています


出展喫煙者である養老孟司氏 解剖を例に「たばこ」について語る





まさにその通りで、喫煙が肺がんの総ての原因であるというのが、現在の常識です。

常識は必ず、非常識になります。
多くの事例が示しているように、常識が非常識になった例は多くあります。

自動車の排気ガスが最も強く疑われる肺がんの原因ですが、トランス脂肪酸やなたね油が原因とも疑われています。

血液中のベータ・クリプトキサンチン濃度の低い人が肺がんになる確率が高いことは、世界の常識ですが、日本では誰も言いません。

農作物のベータ・クリプトキサンチンの含量が減っている、あるいは新鮮な緑黄色野菜やかぼちゃ、果実を食べなくなったことが肺がんの原因ではないかと、疑っています。

将来、この説が常識になるでしょう。

ベータ・クリプトキサンチン豊富な赤い果実、ブアメラは、肺がん予防の栄養機能食品といわれる非がまもなく訪れるでしょう。








  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿