米国癌協会発表:30%の末期ガンは自然と消え、96%の患者は抗ガン剤で殺される

公開日: 14:54 ノニジュース ブアメラ500VE 抗がん剤 子宮頚部がん 治癒率 大腸がん 乳がん 肺がん 副作用 米国癌協会 末期がん

米国癌協会30%の末期ガンは自然と消える 96%の患者は抗ガン剤で殺される

The American Cancer Society Admits That 30% of Untreated Cancers Go Away Naturally, while treatment ensures 96% die.


American Cancer Association (米国癌協会)は、誤って公表してはいけない統計を公表してしまった。

それは
30%の末期ガンは自然と消える。しかし抗癌剤治療患者の 96%は抗癌剤に入っているマスタードガスなどにより死ぬ。」という統計だった。

今、この誤って公表されてしまった真実の統計が話題になっている。

「3割方のガンは自然と消えていくが、医者が、一体誰がどのガンを持っているのか分からない時には、無差別に抗癌剤を打つ」

という決まりになっているという。

実際に私の子供時代の知人でも抗癌剤を打っても余命6ヶ月と言われていた人が、抗癌剤を拒否して、自然食品を食べ、庭で野菜を育てていたら、ガンは自然と消えて今でもピンピンだ。

(転載終わり)

出典:
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/08/3096.html
     
http://the-tap.blogspot.com/2013/10/the-american-cancer-society-admitted.html

日本のがん治療

日本のがん治療方法は、どこの病院、医師も同じであることをご存じでしょうか。
日本のがん治療の専門家は僅かだし、総ての医者がアメリカで作られた標準法に則り抗がん剤治療を行います。

患者の病態は二の次でスケジュールに従い、投薬していくわけです。
抗ガン剤は、分子標的薬であっても正常細胞を傷害し、患者の生命を奪ってゆくのです。

しかし、日本人は過度に医師とクスリを信じる性癖があり、多くの方が犠牲になっていると言っても過言でないでしょう。

私の友人は大腸がんでした。
「いくつもの抗がん剤を使用しましたが、残念ながらこれ以上の抗ガン剤はありません(あなたは死んでください)」と医師に宣告されました。
ひどい副作用に悩まされ、口内炎のため食べることもできず、1年半も苦しんでの死でした。

母は、骨折で入院した際に大腸がんの腹腔内浸潤が発見され、がんの摘出はせず人工肛門を付けただけです。
94歳でしたので、抗ガン治療は行いませんでした。
亡くなるまでの7カ月間、食欲は落ちることなく、何事もないように安らかに過ごしてくれました。
転移していた肝臓の腫瘍が大きくなり、所謂衰弱して亡くなったのです。

抗がん剤を拒否してがんが無くなり、今でも元気で暮らしている方を何人も知っています。

逆に、放置しておいても問題ないと思われる患者に無理やり抗がん剤治療を施し、死亡させた例もいくつも知っています。
医者の趣味と病院の商業主義による結果です。

アメリカ癌協会発表は衝撃的です。
末期のがん患者の30%は、無治療でがんが消滅し、抗ガン剤治療した患者の96%は副作用で死亡するのです。

無治療は、抗ガン剤投与を拒否した例と思われますが、恐らく自分の意思で医者画関与せず何らかの療法を行ったものと思われます。
伝承的なヒーリング、宗教、断食、ガリソン療法、抗腫瘍作用が謳われているサプリメント・健康食品・機能性食品摂取、などなど。

医師と患者の決定に何ら反対するものではありませんが、抗がん剤の副作用軽減、体力増強、そして抗ガン作用を大きく期待してノニジュースとブアメラをお奨めしています。
肺がんや大腸がんに効果を示す症例が蓄積されています。

今後は、乳がん、子宮頚部がん、前立腺がん、胃がん、白血病、悪性リンパ腫などに使用して頂きたいと思っています。


米寿堂










  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿