骨粗鬆症は男性にも

公開日: 9:00 お知らせ ブアメラ500VE ベータ・クリプトキサンチン 骨粗鬆症

骨粗鬆症は男性にも


骨の密度や量が減って骨がもろくなるのが骨粗鬆症です。

閉経後の女性は、毎年数%ずつ骨の量が減っていくと言われています。
若い時に貯金と同じようにたっぷりカルシウムやリンを蓄えておくと、老後も安心で、骨粗鬆症の予防になると言われています。


圧倒的に女性に多い骨粗鬆症ですが、男性にも起きることは意外と知られていません。
食事の不摂生、身体的な問題としては胃切除など栄養物質の吸収不足で起きます。
また、運動不足の男性も骨粗鬆症になり易いと言われています。

現代人は歩く機会が減りましたし、農作業のような筋肉労働をほとんど行っていません。

骨粗鬆症に関する栄養素については、どの栄養学者も医者もカルシウムやビタミンDの不足を訴えます。

この常識は非常識ではありませんが、実はもっと重要な栄養素があるのです。
それが、ベータ・クリプトキサンチン。
まもなく、日本の栄養学は変わるでしょう。

女性も男性も骨の密度、量の減少をできるだけ抑えるためには、ベータ・クリプトキサンチンにもっと注目して欲しいと思います。
微量栄養素、ベータ・クリプトキサンチンをたっぷり含むのがブアメラです。

今までも、これからもブアメラ500VEで健康長寿を。




店主



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿