冬は寒く、夏は暖かい気候が一番

公開日: 13:27 お知らせ

快晴で例年より暖かい今年のお正月でしたが、今朝は冷え込み小雪が舞っています。
冬らしくなりました。
現在の気候になったのは氷河期が終わった約10,000年前からです。
広葉樹林が広がり、山々は緑に覆わ、現在の日本の美しい風景が出来上がりました。

はっきりした四季があり、寒い冬のあと緑の葉が噴き出す春、そして汗がダクダク噴出し海に山に涼を求める夏、収穫の秋。

インドネシアに度々行きますが、いつ訪れても夏。あえていうと雨が多い12月頃から5~6月までが雨期、そのあと乾季に分けられます。

ブアメラの世界のインドネシア、パプア島の高地で季節や気候について先住民に尋ねたところ、明確な答えは返ってきません。
一度収穫が終われば、次の準備を行います。
季節と葉関係なく時は流れていっています。

日本人は四季を愛でる人種です。
「夏は暑く、冬は寒い」が日本人には合っています。

ただ、信州のように冬の気温が零下15度に達すると少々身体に応えます。
そして、室内は冷蔵庫並みに下がり、外の水道管は一日中加熱しておかねばならず、冬の期間の光熱費は夏の2倍以上となってしまい家計を圧迫します。

それでも、朝起きた時の寒さによる身の引き締まり、都市では味わえない夏の清涼さ、少し遅い桜の開花、豊穣な秋の収穫、味覚を楽しめます。

問題は冬季の脳卒中。
豚肉やソバをたっぷり食べ、ブアメラで血管強化とノニジュースで血液サラサラにすることによって、風呂上がりや朝の用便時の脳卒中(脳内出血や脳血栓)防止に努めています。

急激な温度差の変化や高血圧に注意が必要です。

今年も、元気で想うように行動・仕事ができる良い年にしましょう。





店主


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿