遺伝子組換え食物はがん発生の危険性

公開日: 13:02 お知らせ

遺伝子組換え食物はがん発生の危険性

遺伝子組換え作物(GMO)の危険性は良く知られています。

日本では、食品に加えられる量によってGMOと表記しなくてもよいので、私たち日本人は知らず知らずのうちにGMO食品を食べています。
特に、アメリカから輸入される大豆、トウモロコシなどはGMO作物であり、今や多くの家庭の台所にあるカノーラオイルはカナダで創られたナタネオイルのGMO食品です。

フランスの科学者は、アメリカのGMOを世界中に広めているモンサント社のGMO食品は、がんを発生させることを証明しました。

これに対して、モンサント社はこの科学者を訴えていましたが、2審ともモンサント社は敗訴しました。

欧州連合では、GMO食品は禁止されています。
日本は野放しです。
TPPが締結されたら、合法的にGMO食品が輸入流通し、日本の農業はGMO作物を栽培されることになるでしょう。

健康は、安全な食品によって成り立つものです。

米寿堂の栄養機能性食品は、インドネシアの自然植物由来です。
ご安心ください。

店主


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿