正月の棺桶入り儀式

公開日: 12:02 お知らせ ブアメラ500VE 棺桶入り 自然死 中村仁一 有機ノニまるごと搾り

京都市に95年前に設立された高齢者福祉施設、同和園があります。
この付属診療所所長の中村仁一先生は、多くの本を通じて有名なお方。
ご存じの方も多いと思います。

70歳を過ぎてから、毎年正月に「棺桶入り」の儀式を行っています。
段ボール式の組み立て式棺桶。
その棺桶に入って、自分の死について想いをめぐらすそうです。
「自分の死を考える集い希望者も棺桶入り体験をしていただいています。

出典:大往生したけりゃ医療とかかわるな「自然死」のすすめ
中村仁一著、幻冬舎新書247


自分で食べられなくなれば、それが寿命という「自然死」こそが理想の姿と言われています。

「日本は世界一の長寿国となった半面、長期の人工栄養や延命治療で苦痛を味わい続ける人も増えている。医師や病院に命を預けるのではなく、」幸せな臨終を迎えて欲しい」というのが先生の想い。

同和園創設に関わり、日本初の五つ子の名付け親であった清水寺貫主の大西良慶さんの口癖は、

「人間、時間がきたら、ポコッといきよる。死にたいとおもったかて死ねるもんやないし、生きたいと思うても生きられない。あくせくしても、どうもならんの」
大西貫主は、107歳でご逝去。

死ぬまで健康長寿で美味しく食物が食べられ、好きなタバコや酒も飲み、自然と生きるのが一番と思います。



インドネシアの熱帯薬用植物ノニジュースとブアメラを毎日に生活に取り入れて、自然と生き、死にたいものです。




店主


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿