みた目でちょっと太り目が健康

公開日: 10:56 BMI 筋肉 肥満 有機ノニまるごと搾り


最近、身体バランスの測定を行っています。
身体バランスには、BMI(体格指数)、脂肪率、筋力、骨力、基礎代謝量など9項目が含まれます。100例以上の測定を目標にし、実際の測定値から健康度を推測していくつもりです。

今までの測定結果より気が付いたことは、男性の場合BMIが25を超えると筋力も骨力も正常以上で問題ありませんが、25以下だと筋肉・骨の強さがひくように思われます。

また、女性の場合、BMIが25を超える方はいませんでしたが、みた目でちょっと太り目で痩せたいと思っている方の筋肉、骨の強さは、年齢以上に高いものでした。

逆に、BMIが20以下の方は筋肉・骨の強さは、危険信号に近いものでした。極端な痩せと肥満は、勿論治していく必要があります。

日本肥満学会では、肥満の判定基準を以下のように示しています。



肥満度BMI値(判定基準)
非肥満(低体重)<18.5
非肥満(普通体重)18.5≦~<25
肥満度Ⅰ25≦~<30
肥満度Ⅱ30≦~<35
肥満度Ⅲ(高度肥満)35≦~<40
肥満度Ⅳ(高度肥満)40≦
※日本肥満学会「肥満の判定と肥満症の診断基準について(平成11年度版)」より

女性の普通体重でもBMIが20以上の方が健康そのものです。
男性でも、肥満度Iの方が最も健康に見えます。
実際、BMI25~28程度の方が、最も長生きするそうです。


日本では、BMI30を超える肥満者は、人口の3~4%だけであり、ジャンクフードや砂糖たっぷりの飲みものを食べるアメリア人の3人に1人はBMI30以上の肥満者です。
BMIという数値は、健康度の一つの目安であり、メタボとしての病気判定に使用すべきでありません。

それよりも、加齢に伴う筋力、骨力の方が重要であると思われます。筋力がつけば基礎代謝も増加し、膝の痛み、冷え性や肥満などから開放されます。骨力の増加は骨折を防ぎ、健康長寿の源になります。

ノニジュースは血液サラサラ効果によって、全身の血液の流れを良くします。
特に、散歩などで筋肉に刺激を与えると筋肉の毛細血管は拡張して糖分の消費、熱産生を非常に促します。

そして、筋肉を強化できるのです。

是非とも、筋肉強化にノニジュースを加えては如何でしょうか。




  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿