朝のコーヒーは身体に悪いのか?

公開日: 14:58 お知らせ

朝のコーヒーは身体に悪いのか?


数日前、あるインターネットのニュースで、朝のコーヒーは日内リズムを狂わせるので身体に良くないと書かれていました。

朝9時までは、ステロイドホルモンが旺盛に産生されているが、コーヒーに入っているカフェインがこのホルモンの分泌を抑えて、日常のリズムを狂わせるというものでした。

日内リズムというのは、総ての生き物に備わっている神経と代謝活性の自然的なシステムです。
夜眠くなり、朝目覚め、活動し、また寝るという日常のサイクルがあるのです。

総ての人間が同じ時間サイクルで動いているわけでなく、長い年月のうちに、人それぞれの日内リズムが創り上げられ、朝型人間もいれば夜型人間も出来上がると思います。

店主だけでなく多くの方が朝目覚めて、9時前にかかわらずコーヒーを何十年も飲んでいるようです。
イタリアに行った時も会社への出勤途中、街中にある小さなコーヒー店でエスプレッソを一機に飲んでいる姿を目にしました。

コーヒーだけでなく、お茶でも紅茶でもカフェインは入っています。

インターネットやテレビで紹介されたことが真実であると信じる方が、よほど日内リズムを壊してしまうように思います。



店主


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿