ちょっとしたことで骨折を

公開日: 17:00 お知らせ ブアメラ ブアメラ500VE 骨粗鬆症

ちょっとしたことで骨折を


ごく最近、親しいご婦人2名が骨折をされました。
お二人とも60歳です。

お一人は、私がお奨めした散歩を始めたのですが、歩道のくぼみにつまずき、足首を複雑骨折。
以前から、この歩道は危ないからと市当局に修理をお願いしていたのですが、治っていません。
ご主人が苦言を市当局に呈したところ、またたく間に修理されたとのこと。
道路の修繕が行われたのは良いですが、骨折の代償は大きいですね。

他のご婦人は、お孫さんの面倒をみるために公園で遊んでいたところ、転んで手を骨折。
詳しい状況は解りませんが、公園ですから無茶な行動をしたとこか、危険なもので事故になったたとは思えません。

骨組織では絶えず骨吸収とともに骨形成が行われています(骨のリモデリング)。
骨の密度は30代にピークとなり、その後40代を通じてゆっくりと減って行きます。

女性の場合50歳前後の閉経と共に急速に骨密度は低下してしまいます。
閉経後骨粗鬆症といわれる状態で錐体骨の海綿体、次いで皮質骨の密度が低下し、骨折を起こしやすくなります。

50歳の閉経女性の一生涯の1骨折するリスク(危険度)は30%といわれています。

老後のために貯金をしますが、骨も若い時にカルシウムなどをたっぷり蓄えておかねばなりません。
カルシウムの貯金を使い果たす前に、ブアメラのβ-クリプトキサンチンで新たに別の貯金が必要です。

ブアメラ500VEで骨を強くしてください。

http://www.beigedo.jp/products/list.php?category_id=6


店主







  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿