キャッサバが成長しています

公開日: 12:00 お知らせ キャッサバ タピオカ

インドネシア産のキャッサバが信州で育つかどうか試しています。

キャッサバは、別名タピオカと言います。
良質のでんぷんが多く含まれ、熱帯国ではキャッサバはさつま芋やバナナより美味しい揚げ物として食べられています。

でんぷんは、うどんやパンなどに使われているようです。

ビールのつまみや大人子供を問わないおやつ、あるいは主食としても非常に価値の高い作物です。

植えて3週間で20個位の葉が出てきました。
10月頃までにしっかりとした木として成長し(太さ2cm程度)、一本から20個の芋が採れるのが望みです。

熱帯国インドネシアは、正に薬用植物や栄養満点の作物の宝庫の国です。
うらやましい限りです。

ノニも有用植物の一つ。
一年中果実を実らせるノニの木は、どの家も必ず1本は植えて、果実と葉を栄養食品以上の利用をしています。

黄色く成熟した果実は、思ったほど臭くはなく、舌を刺すピリピリ感と身体が直ぐに暖かくなる即効性は、「医者いらずの果実」です。
何度も果実を齧ったものです。

葉は焼き飯に加えます。
またインドネシア特有出毎日の食卓に無くてはならさいサンバールの調味料となります。
タイでは、トムヤンクーのスープに加え、結果的にガンの予防になることが京都大学の研究で報告されています。

機会がある度に日本で栽培が可能か試しているインドネシアの作物。
昨年は大きなキューリに挑戦しましたが失敗。
赤ショウガが持ち込んだのが冬であったため、凍てついて失敗。
ブアメラも信州の寒さには、負けてしまいました。

キャッサバは成功するかも知れません。
本年は僅か数本しか植えていませんが、成功すれば来年は数十本になるでしょう。
米寿堂の会員の皆様に優先的にお買い求め戴きたいと願っています。

店主



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿