ニームケーキは連作障害を防ぐことができるか?

公開日: 12:52 お知らせ ニーム ニームケーキ 有機農業 連作障害

ニームケーキは連作障害を防ぐことができるか?


ノニの国、インドネシアのノニに興味を持ちだしてから思うことは、健康は究極的には食べ物によるものだと云う事でした。
天然の農作物、すなわち有機栽培の農作物が先ず健康維持には不可欠です。

当然、加工食品はできるだけ避けることは基本です。
農作物については、現在の日本農業をみると農薬・化学肥料漬けであり、また温度管理による人工的な栽培が普及して、見た目は同じだが中身・栄養価は最低という状況です。

健康産業に関与する者としては、できるだけ自然栽培、天然の農作物を皆様にお奨めしたいと思うのは当然のことでした。

連作障害は日本農業の大きな問題となっています。
ほとんどの野菜類、梨、りんご、ぶどうなどの果実は、連作障害で大きな被害を受け始めています。

松本市で大規模に行われていたセロリ栽培は、連作障害で壊滅しました。
本年、鹿児島の玉ねぎが連作障害で収穫が少なく、値段が高騰していると効きます。
信州りんご、特にワイ化りんごはモンパ病菌の繁殖によって、木が枯れ始めています。

これらの原因は、連作によって土の中のカビの種類の多様性が崩れ、病原性のあるカビだけが増えて、根が腐ることによります。
大量に与えられる化学肥料、枯草剤や農薬の散布も影響しているのかも知れません。

良いカビを増やしてやることが、一番の解決方法だと思っています。

インド栴檀は天然の害虫駆除剤(忌避作用による)であり、土中の病原性の真菌(カビのこと)に影響を与えることが解ってきました。

垣根に使用されるアカメガシには、植えてから数年後から必ず黒斑点病が発生し、葉が落ち垣根としては悲惨な事になります。
ニームケーキを与えることで、被害を最小限に抑えます。
他の処では伐採していますが、ニームケーキを与えたところでは持ちこたえています。

ニームケーキが、りんごのモンパ病に効果があるかどうか検討を始めました。

ニームケーキは、放線菌など植物にとって有益なカビを増やすだけでなく、肥料の特性を同時に持っています。
家庭菜園やガーデニングには、安心安全な効果的な土壌改善作用を発揮します。

http://www.beigedo.jp/products/detail.php?product_id=79



様々な農作物の連作障害に応用して頂きたいものです。


店主

http://www.beigedo.jp/products/detail.php?product_id=79


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿