女性喫煙者は子宮頚部がんの危険性が高い

公開日: 14:11 Buah Merah アカイタコノキ アルファ・クリプトキサンチン ベータ・クリプトキサンチン 子宮頚部がん 米寿堂 扁平上皮がん


若い女性の喫煙者に警告
喫煙は子宮頚部がん発生のリスクを高める
ブアメラの予防効果に期待


日本人の喫煙率は、男女含めて21.7%と年々減少傾向がみられます。
その中で成人女性の喫煙率は、8.4%と男性に比べては低い。


女性の社会進出、キャリアーへの道、晩婚化などによって、ストレスもたまり、喫煙する女性も多くなっています。
20代女性の喫煙率は12.8%、30代が14,2%、40代が13.6%という報告があります(厚生労働省国民健康栄養調)。

喫煙は様々な疾病の原因といわれていますが、女性特有の疾患として子宮頚部がんのリスクが高まると報告されています。


実際、100万人のうち10人が子宮頸がんになるとして6人は喫煙者です。

また、また子宮頸がん患者と喫煙率の統計では、
20代では子宮頸がんと診断された33.8%が喫煙者(20代女性の喫煙率14.3%)
30代では子宮頸がんと診断された47.8%が喫煙者(30代の喫煙率18.0%)
というデータもあります(
http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/2479)。

また、
スウェーデンKarolinska Institutetの研究により、喫煙とパピローマ・ウイルスの感染は相乗的に子宮頸がんの発症リスクを高めることが明らかになっています。

・喫煙者でかつHPV-16の感染濃度が高い場合、喫煙者でかつウイルス非感染者に比べて、 子宮頸がんを発症するリスクは27倍となる。
・喫煙者でかつHPV-16感染濃度が低い場合、喫煙者でかつHPV-16非感染者に比べて、 子宮頸がんの発症リスクは14倍となる。
(http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cancernavi/)

つまり、喫煙者の癌化の確立が非常に高いのです。
HPVのみが子宮頸がんの原因というのにも疑問ですが、HPV感染による癌化の確立は喫煙者で高いということです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、ハワイでの疫学研究では、
子宮頚部がん(Cervical Atypical Squamous Cell Carcinoma)はα‐、β‐クリプトキサンチンとビタミンEの血中濃度の高い女性では、扁平上皮がん発生リスクを抑えることが示唆されています。
  (Asian Pac. J Cancer Prev. 2000:1(4):337-345)



また、フェレットという実験動物に喫煙と同じ環境に置いて、β‐クリプトキサンチンを投与した実験が行われています。

その結果、

血中および肺β-クリプトキサンチン濃度は、投与量依存性に増加

血中および肺β-クリプトキサンチン濃度は、喫煙により低下

喫煙による肺の扁平上皮化生(前ガン病変)は、β-クリプトキサンチン投与量に
 依存して減少


β-クリプトキサンチン
抗酸化作用抗炎症作用ガン発生に関与する転写因子の
 抑制作用
により肺ガンの発生を予防。
⑤ビタミンA(レチノール)は、この作用に関与しない、との結論が示されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上の事から、喫煙は微量栄養素のβ‐クリプトキサンチンの血中濃度を低下させ、肺では肺の扁平上がん、子宮頚部では頚部の扁平上皮がんのリスクを高めることに繋がります。


血液中β‐クリプトキサンチン濃度が5μg/dL以下の喫煙者は、統計学的の有意に肺がんに罹患しています(中国上海での試験)。

インドネシア大学薬学部学生の血液中
β‐クリプトキサンチン濃度は、20μg/dL以上でした。
また、ブアメラ500VEを毎日4カプセル飲んでいる店主(長期の愛煙家)の血液中β‐クリプトキサンチン濃度も、20μg/dL以上でした。

喫煙を趣味・嗜好とされている女性は、β‐クリプトキサンチンを含む緑黄色野菜や果物を食べて、β‐クリプトキサンチン濃度を高く維持することが、子宮頚部がんのリスクを抑えることに繋がると考えます。




  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿