亀ジェリー:「有機ノニまるごと搾り」を使用した健康食品 美容・ダイエットに

公開日: 18:22 インドネシア ダイエット 栄養機能食品 亀ジェリー 商品レビュー 仙草 有機ノニまるごと搾り

亀ジェリー:インドネシアの有用植物を加えた健康食品
美容・ダイエットに


米寿堂では、商品レビューを投稿される方に亀ジェリーの素をご提供しています。
亀ジェリーに熱帯薬用植物を加えた、いくつかのレシピをご紹介します。
亀ジェリーそのまま、あるいは独自のレシピで美容にダイエットにご使用ください。







亀ジェリー(仙草ジェリー)とは
仙草はシソ科の植物。学名:Mesona chinensis、邦名:センソウ、インドネシア語:Cincau hitam。

仙草の葉を乾燥粉末にしたものが、亀ジェリーの素です。

中国医学では涼粉草や仙舅草の名で、乾燥した地上部の葉や茎を使用する。
味は甘、性は涼であり、煎じて飲むと、
暑気あたり、喉の渇き、熱毒に効用があるとされる。中国の高教育家系の客家には、夏の土用の入りの日に仙草ゼリーを食べる習慣があり、この日に食べればひと夏の間汗疹ができないと言い伝えられている。
糖尿病高血圧風邪関節炎筋肉痛に対する治療効果があるともいわれる。
暑気あたり防止効果のあるデザートとして、香港シンガポールでも人気が高く、ハネムーンデザートのように、フルーツアイスクリームと組み合わせて出す店もある。
亀ジェリーの栄養成分(33g当たり)
エネルギー:102 kcalタンパク質:0.9 g脂肪: 0.1 g炭水化物:25.7 g食物線維:0.3 g
カロリーが低く、ダイエット食品として最適です。
また、ペクチンに富むため、腸内善玉菌を増やしビタミン供給によって身体を丈夫にしてくれます。


「有機ノニまるごと搾り」の亀ジェリー
材料
1 亀ジェリーの素(仙草の粉末)、1袋
2 「有機ノニまるごと搾り」 ノニジュース、100mL
3 水、900mL
作り方
1 亀ジェリーの素を200mLの水に入れて良くかきまぜる
2 水700mLを強火で沸騰させる
3 1の亀ジェリーを2に加え、中火にして約5分間加熱する
  この時、時折かきまぜて均一にする
4 ノニジュース100mLを3に加え、混ぜながら1分加熱する
5 出来上がった亀ジェリーを容器に移し替えて、冷やす
 200mLの水をボールに入れ、亀ジェリーの素を加え良く混ぜる
 700mLの水を沸騰させ、水で溶いた亀ジェリーの素を加える
 亀ジェリーの素を加えた後、かきまぜながら中火で5分間加熱

 ノニジュー100mLを加えて、中火で1分で加熱して終了


 熱い間に容器に移し替える
 冷蔵庫で冷やす
1時間後には亀ジェリーの完成
シロップや蜂蜜をかけて頂く
ノニジュース入り亀ジェリー
○ このレシピによる総カロリーは、150kcalと非常に少ないのが特徴です。
○ 150mLの容器に6杯(カップ)分できます。
○ 1杯の亀ジェリーには、ノニジュースが15mL入っています。
○ ご家族全員、友人とのお茶のお供に良いでしょう。
○ 6人で食べても、一人当たり約30kcalの低カロリーダイエット食品です。
○ 「有機ノニまるごと搾り」のノニジュースを10%を加えたレシピですので、ノニの匂いは強くありません。 
   お好みに合わせて増量し、その分量の水の量を減らして下さい。
   ノニジュース200mL使用しますと、1カップ分のノニジュースは30mL以上でノニ果実ほぼ1個分となり、
   おおよそ1日摂取量となります。
○ 味はシンプルで淡白ですから、蜂蜜やシロップをかけてお召し上がりください。
  亀ジェリーの本場香港では、シロップを使って甘くして食べます。
○ ノニジュースが苦手の方でも、美味しく召し上がることができます。









  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿