ブアメラは愛煙家の子宮頚部がんの予防に

公開日: 14:42 アカイタコノキ がん検診 ブアメラ ブアメラ500VE ブアメラ体験者の声 ベータ・クリプトキサンチン 子宮がん 子宮頚部がん


ブアメラは愛煙家の子宮頚部がんの予防に 



子宮頚部がんの手術後にブアメラ500VEを飲用される方が出てきました。
また、手術前の方にも飲んで頂いています。

アメリカの臨床研究では、クリプトキサンチンの血中濃度の低い方は、子宮頚部がんになる確率が高いということが解っています。

また、子宮頚部がんになる方の多くは、喫煙の習慣があるようです。
喫煙は、体内のクリプトキサンチンを破壊することが動物実験で確認されており、血中濃度の低さと関係し、子宮頚部がん発生のリスクを高めることが推測されます。


まだ、飲み始めて1~2ヶ月ですからどのような結果になるかは解りません。

しかし、嬉しい効果として 

宿便が出て便秘が治った
よく眠れるようになった
肩こりや腰の痛みがなくなった
、の報告を戴いています。

店主は、50年間の愛煙家であり肺がん・胃がん・食道がん・大腸がん・前立腺がんなどが心配で、ブアメラは2005年から飲用しています。
長い間の喫煙、野菜をあまり食べない生活なので、クリプトキサンチン摂取量は低く、また分解も進んでおり、毎日クリプトキサンチンの補充が必要なのです。

3年前に自分の血液中のクリプトキサンチンの濃度を測定しましたが、非喫煙者の20代の若者と同じレベルの高い血中レベルでした。

子宮頚部がんは怖いが、禁煙できない方は、ブアメラでクリプトキサンチンの補給をお奨めします。






  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿