9月です、豊穣の秋を迎えました

公開日: 15:37 アカイタコノキ アルファ・クリプトキサンチン インドネシア キャッサバ ノニ バンガジュツ ブアメラ ブアメラ500VE 有機ノニまるごと搾り

9月です、豊穣の秋を迎えました


台風10号は大きな災害を残して消えてしまいました。宮城県では、施設入居のご老人が洪水のため逃げ遅れてしまい、悲酸な結末を迎えてしまい、非常にお気の毒で言葉もありません。明日は我が身と肝に銘じて毎日を過ごしたいと思います。

本日は災害でなく「防災の日」。地震、豪雨など自然災害は、事前に分かるものではなく、それに対する準備は原霊的になります。ここ信州松本は、糸魚川―静岡構造帯(ホッサ・マグマ)の上にあり、地震により日本列島が東西に分裂すると言われています。3.11の後の6月、牛伏寺(ごふくじ)断層が動き、松本市内では可也の家の瓦が落ち、破壊しが転倒しました。我が事務所も散々な目に遭いましたが、死亡者・負傷者が出なかったのは幸いでした。このように、いつかは発生するであろう自然災害に対しては無力であり、食料品の備蓄や手回し発電・LED電灯を容易するのがせいぜい。これに対して、火災に対しての処置は比較的に楽で、普段の訓練によって被害を最小限に抑えることができます。私たちも毎日、火の始末には最大の注意を払い、町内会でも定期的に訓練を行っています。


秋の訪れですが、現在熱帯国インドネシアのキャッサバ(タピオカ)とバンガジュツ、そしてノニを松本で育てており、一番の大敵が来ることが心配です。タピオカは、急激に寒くなる11月まで長く育て、イモを収穫したいと思っています。
インドネシアでは、巨大なイモ、1本で30㎏も収穫しています。

キャッサバの葉は、インドネシアでは湯がいて食べますが、試してみたところ歯ごたえのある美味しい食材になりました。
日本には無い、ユニークな食品となりますね。





がん改善、精力増強、肝機能改善などの作用を持つ薬用植のバンガジュツは株別けして、どこか暖かい地域において命をつないで行きます。

美しい花が咲くのですが、残念ながら本年は咲きませんでした。
小さな丸い根茎は澱粉の塊で、インドネシアでは食料として利用し、中心部の母根茎が医薬品となります。







ご興味ある方、バンガジュツを株別けしますので、松本まで取りに来られる方に分与致しますので、090-2723-8626までご連絡ください。

ノニは、極端に寒さに弱いので、外気温が20度を下回れば室内に移動します。ノニの小さな苗も分与しますので、ご連絡ください。



さわやかな9月、豊穣の秋を迎えます。体調管理には、ノニとブアメラの合体をお試しください。


x


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿