塩分摂取は高血圧の原因か?

公開日: 15:13 ノニ ノニジュース 塩化ナトリウム 血液さらさら 高血圧 食塩 武庫川女子大学 有機EU 有機JAS 有機USA 有機ノニまるごと搾り

塩分(塩化ナトリウム)だけの摂取は高血圧に 


「塩分を控えめ」にというキャンペーンは国、医者や関連学会が何度も、しつこく行っています。

厚生労働省は、食塩の摂取目安量を昨年見直しました。

「2015年4月1日より、厚生労働省は日本人のナトリウム(食塩相当量)の目標量を男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満に変更します。

従来の男性9.0g/日未満、女性7.5g/日未満から男性1.0g、女性0.5g低い基準となりました。」

過剰な食塩(ナトリウム)の摂取は高血圧の原因とになされているからです。


高血圧は日本で最も多い生活習慣病で、その数は4300万人ともいわれています。 
高血圧は脳卒中、心臓病、腎臓病など命に関わる疾患を招く恐れもあり、予防が非常に重要です。

国や医者が言う高血圧と食塩摂取の関係は、そのまま信じない方がよいかもしれません。
4300万人もの日本人が高血圧と考えるのは、世界一寿命の長い日本では考えられません。
医者は薬価基準に基づいて薬を処方し、製薬会社は笑いが止まらなくなるキャンペーンです。

長野県は日本で一番長寿の県として知られていますが、食塩の摂取量は日本で4番目に多く摂っています。
1日10gを摂取しており、国の推奨値より多いにも拘らず、日本一の長寿、医療費は最も少ないのです。
よく長野県は、「ピンピンコロリの県」と言われます。





国も医者も食塩とは、研究室で使う試薬の塩化ナトリウム(NaCl)のことを言っています。
最も安価な食塩、塩化ナトリウムは海水を電気分解して作り、これを食塩と言って昔の塩の専売公社を通じて、国民に食べさせていたのです。

塩化ナトリウムを摂取すると確かに血圧は上昇します。
ナトリウムの過剰摂取なのです。

しかし、海水の水だけ取り除いた「海塩」には、ナトリウムに加えてカリウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれ、海塩では高血圧になりません。




大手の製薬会社は、塩化ナトリウムにカリウムを加えたものを健康食品として販売しているほどです。

最も安い塩化ナトリウムの食塩は、食品に大量に使用されていますので、高血圧の原因となります。

ですから、賢い消費者は海水を乾燥した塩を家庭で使います。

ですから、通常食塩と言われるものは試薬の「塩化ナトリウム」であり、本当の食塩は「海塩」であり、「海塩」を国も医者も「食塩」というべきなのです。

長野県は、以前漬けものや味噌の消費量が多く、脳卒中の死亡率が非常に高かったのですが、食品会社が海塩(本当の食塩)を使用するようになって、脳卒中の死亡率は低下し、日本一の長寿県になったのです。

「有機ノニまるごと搾り」は、高血圧を予防し、脳卒中による死亡を減らし、長生きさせる効果があることが、確認されています。

高血圧が心配な方は、「塩化ナトリウム」の試薬の塩を減らし、本当の食塩を摂り、「有機ノニまるごと搾り」をお飲みになると良いのではないかと思います。











  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿