パーキンソン病について

公開日: 12:12 Buah Merah パーキンソン病 ブアメラ500VE ベータ・クリプトキサンチン 喫煙 肺がん 肺腺がん 米寿堂 予防医学 扁平上皮がん


医学の進歩は日進月歩で現在の私たちは、病気の原因や成り立ちが総て理解できているとは考えてはいけないようです。

現代医療の進歩は診断分野については急速な発展がみられますが、治療分野においては感染症などの急性疾患についての治療を除いて、全く手がつけられていないというか無力です。

良くご存じのように、慢性の進行性の病気にパーキンソン病というものがあります。
店主の兄はこの病気に罹り、全身の筋肉が硬直し、歩行困難、食事困難に陥り亡くなりました。

原因不明の脳疾患ですが、ドーパミンという神経伝達物資を産生する神経細胞が死滅することが定説になっています。
しかし、何故その神経細胞が死んでしまうかは解っておらず、推測されているだけです。

加齢に伴い発症率は高まり、65歳以上では100人に一人が病気になるといわれています。
遺伝素因、脳出血などの循環障害、薬物中毒(副作用)が関与していることは確かなようです。

遺伝的な素因については、私たちは対処の使用がありませんが、医薬品(合成化学物質)の選択や服薬は自分の意志で決めることができます。
脳血管障害は、毎日の食品に注意を払えば抑制できます。

また、無数の化学合成物質が私達の生活環境に溢れており、総てを拒否することはできます。
永年にかけて何らかの形で摂取、吸収されて、パーキンソン病だけでなく多くの慢性病の原因となっていることも十分に考えられます。

喫煙率が低下しているにも拘わらず、肺がん発生率は逆に増加しているのです。
喫煙以外に何か肺がんを引き起こす物質に、知らず知らずの内に晒されているのでしょう。





どうしようもありませんが、日本は基礎医学・科学に真剣に取り組むべきだと思います。


ブアメラの微量栄養素β‐クリプトキサンチンで肺を守りたいものです。




  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿