ローフードの再興(2):食生活の一部に

公開日: 14:18 100% インドネシア ダイエット ノニジュース ノニはインドネシア ローフード 薬用植物 有機EU 有機JAS 有機USA 有機ノニまるごと搾り

ローフードは成熟ノニ果実:食生活の一部に

平成28年はローフードの再興の年インドネシア産
成熟ノニ果実100%搾汁でダイエット

ローフード再興の年
2年前にローフード(新鮮な野菜果実など)の幕開けとして、皆様にご紹介いたしました。
ただ、残念なことになかなかローフードに近づけないのが、日本の現状です。

2018年1月20日に、東京で開かれたある会合でローフードの紹介者のお話を聞くことができ、本年はローフード再興の年になると実感しました。
2018年1月22日には、それでもテレビでローフードが紹介され、栄養成分の十分な摂取にはローフードに勝るものはありません。
新鮮な野菜や果実が身体や健康にとって、最も優れた食品素材であることは誰でも良くご存じです。
健康の自己管理(セルフメディケーション)をされている方にとっては常識です。
しかし、毎日の慌ただしい生活の中に新鮮野菜・果実を組み込むことは大変なことです。
まして、日本では無農薬・無化学肥料で栽培された食材を入手すること自体非常に困難です。

健康管理のために多くのサプリが出回っていますが、そのほとんどが合成化学物質、あるいは化学有機溶媒による抽出物のため、健康二次被害が懸念されます。
そして、最も人気なサプリは消化管から体内に吸収されず、期待される病変部に絶対に到達しない物質です。
この様な異常事態に警鐘を鳴らし、最も優れた健康食材としてローフードが最も期待される食品です。
ローフードとは、新鮮な野菜・果実(可能であれば有機栽培されたもの)を出来るだけ手を加えず、美味しく頂き、消化管機能を高め栄養成分を体中の細胞に与えるということです。
日本食がユネスコの世界遺産に登録されました。
非常に嬉しいことです。
日本食の特徴を一言で表すと、西洋・中華料理などと異なり、油を使用しない料理といえます。
旬の新鮮な野菜、魚類を生、あるいは栄養が損なわない程度に調理し、発酵食品である味噌、醤油、酢、みりん、そして塩などで味付けする料理です。

ローフードの元祖である
「病気にならない人は知っている」(原書名:Natural Cures “They Don’t Want You to Know About”),ケヴィン・トルドー著、黒田眞知訳、幻冬舎刊。

有機農産物をローフードとして摂取することを推奨し、サプリや加工食品が害であることを指摘しています。
病気の治療、健康維持・促進にローフードが効果的であるかを、症例毎に説明しています。
ローフードに関心のある方の必読書です。
健康は消化管から~腸は考える
ヒトの身体での中でも軽くみられている胃や腸。
しかし、これらの器官は食物の成分をすばやく認識し、毒素の排出を指令します。
胃や腸は脳と同じ原理で絶妙に働き、様々な消化管ホルモンを分泌し、生物の機能を司っているのです。
胃・腸が健全に働かなければ、体中の器官・組織は機能不全に陥ります。
化粧品による皮一枚の美人では、寂しい気がします。
新鮮な野菜や果実には、食物の消化を促進する消化酵素が含まれ、主としてでんぷん質の消化を助けます。
また、ミネラルやビタミンなどの微量栄養素が含まれ、これらの微量栄養素が細胞内でアミノ酸から合成された各種酵素の働きを助けます。
消化管で役目が終わった酵素は、総てアミノ酸に分解されますので、食物中酵素が血液や細胞内に入りこむことは絶対にありません。
ローフード・ジュース
四季折々の新鮮な野菜・果実をそのまま食べるのがローフードとしては理想的です。
日本の四季の移り変わりにも気づき、日本人としての情緒形成にも役立つのではないでしょうか。
同時にいくつもの野菜や果実を摂取する時には、ミキサーやジューサーでジュースにし、美味しく飲む工夫もできます。
調理方法によって、飽きない味、「ビタミン愛」を創りだす喜びも生まれます。
シロップ漬けも現在注目されるローフードといえるでしょう。
赤じそ、アロエ、いちご、イチジク、梅、オレンジ、柿、大根、しょうが、セロリ等々、どのような新鮮野菜・果実も材料として使用できます。
詳しくは、島津浩巳著「ベジ&フルーツdeデトックス酵素シロップ」をご参照ください。
熱帯薬用植物をローフードに
日本の四季折々の野菜・果実に加え、熱帯産の野菜や果実もローフードの候補に考えては如何でしょうか。
熱帯の灼熱の太陽を浴び育つ熱帯産植物には、温帯産植物の弱点である、様々な機能性、有効成分を含有しているものが多いですね。
強い紫外線に抵抗する抗酸化物質、農薬や化学肥料を必要としない強い抗細菌性、害虫を忌避する成分などです。
熱帯果実ノニは最適なローフード
ノニの原産国インドネシアでは、5~6000年もの間、現在に至るまで連綿とノニ果実を栄養機能性食品として使用しています。
伝承医薬品ジャムゥの重要素材です。
各家には必ず少なくとも1本のノニの木を植え、年中結実するノニ果実を一家の健康維持、病気の治療や予防に使用しています。
非常に不可思議な果実です。
日本人の健康、美に応えることができるローフードになる資格は十分です。
「有機ノニまるごと搾り」を提供するM&Kラボラトリーズは、ノニの魅力に取りつかれ最初にインドネシア産ノニジュースを日本に紹介しました。
と同時に、ノニ果実が持つ多様な生理作用についてインドネシア政府のみならず、日本の大学との共同研究を行い、有用性を確認しています。
(株)M&Kのノニ共同研究機関
インドネシア政府産業省CABIおよび科学研究院LIPI
インドネシア大学医学部
信州大学医学部および農学部
長崎大学薬学部
長崎国際大学薬学部九州保健福祉大学
東京医科歯科大学医用研究所
武庫川女子大学薬学部
東京ノニ研究所
食品総合研究所




  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿