健康には1日9時間の骨休み

公開日: 14:42 コラム ブアメラ500VE 骨休み 骨粗鬆症 有機ノニまるごと搾り


1日9時間の骨休み 


5月に入り寝室の暖房が必要なくなり、経費的に大助かりの信州です。

一方、「春眠暁を覚えず」を地で行くような毎日で、熟睡しています。
農作業の疲れもあり、筋肉、首、膝関節に快い痛みは、1日9時間の骨休みで癒しています。

直立人類が生まれてから、600万年
原生人であるホモ・サピエンスがアフリカで一人の女性から生まれて、20万年と言われています。

直立歩行は手が自由に使えるようになり、他の霊長類との差が歴然とし、現在60億、70億もの人口となり地球を征服しています。

直立歩行の利点はあるのですが、欠点もあります。

欠点は腰を含む下半身の筋肉や骨に大きな負担がかかり、60歳も過ぎると整形外科の繁盛、痛み止めの薬、筋肉を強くすると信じられているアミノ酸が流行しています。




昔の方は、名訓を残してくれたものです。
「骨休み」です。
睡眠時間は5時間がよいとか、?時間が最適だと言われていますが、これは個人差があり、個人個人で決まるものです。

ただ、1日9時間の骨休みは、多くの方に当てはまりそうです。
9時間寝なさいという意味でなく、下半身を重力から解放して全身をリラックスさせるということです。

少なくとも9時間体を横たえて、疲れを癒してやるのです。
もちろん、就寝前には50mLのノニジュースとブアメラ500VEを4粒を目安に飲用することをお勧めします。

ノニジュースのスコポレチンが腸でセロトニンを増やし、脳ではメラニンに変わり、快適な睡眠を約束します。







  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿