ボケ防止作戦

公開日: 12:03 アカイタコノキ アルファ・クリプトキサンチン インドネシア ブアメラ500VE ボケ防止 有機ノニまるごと搾り

高齢者向けボケ防止作戦

総ての生き物は、生・成・老・病・死の過程を経ることになります。

誕生、成長期は
お宮参り
食べはじめ
1歳誕生日
幼稚園入園
七・五・三
嬉しん小学校一年生
小学校卒業、中学校入学
中学校卒業・高校入学
高校卒業・大学入学
大学卒業・入社
お見合い・結婚
子供誕生
昇進
新築、など人によっては多少変動はあるでしょうが、一般的な過程です。






このころ、子供の病気などはあるでしょうが、人生で最も健康で働き甲斐があり、幸せな家庭生活を送ります。

上の通り、40歳ごろまでは嬉しい出来事が毎年のごとく訪れてきます。

しかし、40歳を超えたころから日常の出来事や体調に少しずつ変化が訪れます。
厄歳後の病気
肥満・糖尿病・高血圧
閉経
自律神経失調
関節症
悪性新生物(がん)
骨粗しょう症




そして60歳、70歳を迎えるころからは、上記の加齢に伴う成人病に加えて、ヒトの名前・単語などを忘れてしまうなどの、笑い話になるような事柄が増えてきます。
皆様もご経験があるのではないでしょうか。





多くは病気ではなく、加齢やこれに伴う脳血液循環の低下からくる神経細胞の変性、機能低下によるものです。

血液をサラサラに保ち、血糖値を上げて神経細胞に栄養を与えるとともに、神経細胞を毎日使うことが、物忘れ、ボケ防止に必要ですね。

店主のボケ防止法
店主は、毎朝新聞を1時間かけて興味ある部分を読むことを日課としています。
書籍を読む気力が減ってきていますので、新聞を読むことを日課としています。
新聞を読みながらコーヒーを飲み、喫煙し、排泄することは唯一ゆっくりできる時間です。

先日から、10 kmの車での通勤途中の信号の数と赤信号で停止される回数を頭に入れるようにしています。

信号10、赤信号3などと頭に入れてゆくのですが、直ぐに忘れてしまいます。
安全運転を心掛けながら、赤信号停止/信号数の比率の統計を取り、ボケ防止に努めています。

因みに、通勤道路10?にある信号数は22、平均的な赤信号停止率は、35~50%です。

最悪でも赤信号で停止しなければならない率は、50%を超えないことがわかってきました。

これで、警察署交通課にどうのこうのというつもりはありません。
あくまで、ボケ防止です。

勿論、脳・心臓の血液循環改善効果、脳卒中予防の「有機ノニまるごと搾り」は、毎日飲むことも忘れません。

電車通勤の場合でも何か数を数得る対象物があるでしょう。
散歩するときにも、必ず今まで気が付かなかったことがあると思います。

このように日常生活の中で脳を活性させる方法を見つける努力も、ボケ防止になります。

病気は出来上がるとオシマイです。
予防が一番。

毎日の生活と自分の価値、家族のためにも、わずかな投資をして「有機ノニまるごと搾り」や「ブアメラ500VE」を加えていただきたいものです。






  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿